更新日:

GLP-1とは何ですか?

GLP-1は【グルカゴン様ペプチド-1】の略称で、小腸から分泌されるホルモンです。
このGLP-1には、2つの働く作用があります。

1. 脳へ働きかけ食欲を抑える
脳細胞のGLP-1受容体に作用し、満腹感を高めることで食欲を抑え体重を減少させます。
食べ過ぎ防止だけでなくお腹が空きにくくなり、ストレスになりにくいのが特徴です。

2. ホルモン分泌をコントロールし、血糖上昇を抑制する
GLP-1が膵臓で作られるホルモン『インスリン』の分泌を促し、血糖値を上げる作用のあるホルモン『グルカゴン』の分泌を抑制することで、食後血糖の上昇を抑える働きをします。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
質問選択に戻る

解決しない場合はこちらからお問い合わせください

お問い合わせはこちら