更新日:

リベルサスは国内未承認ですが問題ないのでしょうか?

リベルサスは、厚生労働省から2型糖尿病の治療薬として承認されているため、ダイエット目的での使用は適応外となります。
そのため、提携先医療機関では、GLP-1受容体作動薬を処方する際には、健康診断の結果、既往歴等の確認、体重判定を行うなどして、適応を判断したうえで処方しています。
また、用量の決定について初めての方は安全性を考慮して、一番用量の少ない3mgから処方し、1ヶ月後の診察で体調を確認したうえで増量するなど慎重な判断、処方を行っております。

※法的記載事項
・未承認医薬品等(異なる目的での使用)
本診療科目に用いるリベルサスは、2型糖尿病の治療薬として厚生労働省に承認されています。肥満治療目的での処方は国内で承認されていませんが、治験が検討されています。万が一副作用が出た場合は、国の医薬品副作用被害救済制度の対象外となります。
・入手経路等
提携クリニックで処方するリベルサスは国内医薬品販売代理店経由で購入しております。
・国内の承認医薬品等の有無
国内で肥満治療の効能・効果で承認されているものはありません。美容・ダイエット目的での使用については保険適応外の自由診療となります。
・諸外国における安全性等に係る情報
アメリカのFDA、EU27か国のEMA、韓国のMFDSにおいて、肥満症の適応で承認を取得しているお薬です。日本では、2型糖尿病治療薬として厚生労働省の認可を受けています。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
質問選択に戻る

解決しない場合はこちらからお問い合わせください

お問い合わせはこちら