更新日:

インフルエンザ予防接種(ワクチン)との違いは何ですか?

インフルエンザ予防接種は長期間にわたりインフルエンザの発病、重症化を予防するものです。
一方で抗インフルエンザ薬の予防投与は服用している間のみ予防効果が持続します。

また、インフルエンザの予防の基本はワクチン接種であり、インフルエンザ薬の予防使用はワクチンに置き換わるものではございません。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
質問選択に戻る

解決しない場合はこちらからお問い合わせください

お問い合わせはこちら